2019.7.3 05:04(1/2ページ)

阪神、あるぞ緊急トレード!巻き返しへ…パ球団と水面下交渉

阪神、あるぞ緊急トレード!巻き返しへ…パ球団と水面下交渉

4連敗で4位転落と苦しむ矢野阪神。緊急トレードに乗り出す可能性が出てきた(撮影・門井聡)

4連敗で4位転落と苦しむ矢野阪神。緊急トレードに乗り出す可能性が出てきた(撮影・門井聡)【拡大】

 (セ・リーグ、DeNA4-0阪神、13回戦、阪神9勝4敗、2日、横浜)あるぞ、緊急トレード! 阪神が巻き返しに向け、補強に乗り出す可能性が2日、浮上した。パ・リーグの複数球団が虎の2軍練習をチェック。最終局面を迎えているもようだ。この日、DeNAに0-4で敗れ、今季4度目の4連敗。22イニング連続無得点で4位転落した虎をフロントが全面支援する。

 打てず、守れず、投げきれず…。球宴前、最後の9連戦。勝負の7月に入っても、虎のジリ貧傾向は変わらなかった。補強期限まで1カ月を切った。ついに、動く。阪神が緊急トレードに乗り出す可能性が急浮上した。

 球界関係者の話を総合すると、現在、阪神は水面下でトレードを画策しているという。

 この日、交流戦での対戦を終えたパ・リーグ球団の調査担当が、甲子園や鳴尾浜を訪れ、阪神の2軍練習に熱視線を送っていたことが判明。阪神の球団幹部は横浜スタジアムで「ウチだけですね、(トレードを)やっていないのは…。別に、そんな、狙ってやっているわけじゃなくて、たまたまでしょうけどね」と意味深な発言をした。

 交流戦終了後、巨人-日本ハム、中日-オリックスで複数交換トレードが成立し、この日も、広島(下水流)と楽天(三好)との人的交換が発表された。ペナントレースは折り返し地点を過ぎ、7月末の補強期間終了まで各球団、積極的な動きをみせている。阪神も戦力的に足りない部分が多く、交渉は最終局面を迎えている可能性が高い。

 他球団の編成幹部は今の阪神の補強ポイントについて「投手と外野手ではないか」と推察する。

【続きを読む】

  • 今季のトレード