2019.7.3 05:03

きんに君弾!ヤクルト・中山、“バレ代役”先発6戦で打率・435

きんに君弾!ヤクルト・中山、“バレ代役”先発6戦で打率・435

二回に先制の3号ソロを放った中山は、笑顔でホームイン。左は捕手・会沢

二回に先制の3号ソロを放った中山は、笑顔でホームイン。左は捕手・会沢【拡大】

 (セ・リーグ、広島1-3ヤクルト、12回戦、6勝6敗、2日、マツダ)フルスイングで捉えた打球は、あっという間に左翼2階席に届いた。ヤクルトのドラフト2位・中山翔太外野手(22)=法大=が二回、先制の3号ソロを放った。

 「芯ではなかったけど、角度がついて飛んでくれた。3球続けて同じ球(シュート)がきたので、体が反応して打てました」

 鍛え抜かれた肉体を持ち、お笑い芸人の名前から「きんに君」の愛称で親しまれる中山。6月22日のロッテ戦(神宮)から先発6試合で打率・435(23打数10安打)、2本塁打、4打点を挙げ、主砲バレンティンが夫人の出産に立ち会うために不在の間、結果を残している。チームが苦しむ中、法大で通算11本塁打を放った長打力で存在感を増す一方だ。

 八回は平凡な遊ゴロに倒れたが、一塁へ全力疾走。そんな新人の座右の銘は『全力プレー』だ。「勝手になっちゃいます。常に全力でやっていたら、けがするという人がいるかもしれないけど、自分は全力でやらないといいプレーができない」と、ひたむきな姿勢で貢献している。

 チームは16カードぶりに初戦を白星で飾った。前半戦最後の9連戦を好スタートしたが、借金はまだ17。小川監督は「次に勝つことで意味が出てくる」と表情を引き締めた。 (横山尚杜)

中山 翔太(なかやま・しょうた)

 1996(平成8)年9月22日生まれ、22歳。大阪府出身。小1で野球を始め、本庄中時代は東成シニアで捕手、三塁手。履正社高3年春の選抜で準優勝に貢献。法大では2年春から東京六大学リーグ戦に出場し、通算64試合で打率.306、11本塁打、47打点。2019年ドラフト2位でヤクルト入団。185センチ、95キロ。右投げ右打ち。独身。年俸1300万円。背番号8。

試合結果へ