2019.7.2 23:09

広島・中村恭が負傷交代 佐々岡投手コーチ「本人は大丈夫と言ったけど…」

広島・中村恭が負傷交代 佐々岡投手コーチ「本人は大丈夫と言ったけど…」

  • 投球する広島・中村恭=マツダスタジアム(撮影・加藤孝規)
  • 先発の広島・九里=マツダスタジアム(撮影・加藤孝規)
  • 2回、ヤクルト・中山翔太に先制左越え本塁打を浴びた広島・九里=マツダスタジアム(撮影・加藤孝規)
  • 4回、広島・バティスタは同点適時打を放つ=マツダスタジアム(撮影・加藤孝規)
  • 投球する広島・遠藤=マツダスタジアム(撮影・加藤孝規)
  • 投球する広島・一岡=マツダスタジアム(撮影・加藤孝規)
  • 9回、交代を告げる広島・緒方監督=マツダスタジアム(撮影・加藤孝規)
  • 投球する広島・島内=マツダスタジアム(加藤孝規撮影)

 (セ・リーグ、広島1-3ヤクルト、12回戦、6勝6敗、2日、マツダ)広島の中村恭が負傷交代した。八回から登板し、無死一塁で投ゴロを処理した後、佐々岡投手コーチが異変を察し、交代を勧めた。試合後はトレーナーらに付き添われて病院に向かった。

 左肘の不調とみられ、佐々岡投手コーチは「ちょっとおかしいという感じがあったから。本人は大丈夫と言ったけど、止めた方がいい。そんなにひどくないと思う」と話した。

バティスタ(四回に適時打も、外国人枠の関係で2軍降格が決まり)「自分ではコントロールできない。ファームで頑張ってきたい」

九里(6回2失点で4敗目)「高めに浮いてしまった球が最初は多かったので、その辺をしっかりしていかないといけない」

試合結果へ