2019.6.29 19:08

西武・源田、サイクルならず苦笑「一応狙ってみたけど、あんな感じ」

西武・源田、サイクルならず苦笑「一応狙ってみたけど、あんな感じ」

お立ち台でポーズをとる西武・源田(左)と本田=メットライフドーム(撮影・山田俊介)

お立ち台でポーズをとる西武・源田(左)と本田=メットライフドーム(撮影・山田俊介)【拡大】

 (パ・リーグ、西武7-0オリックス、11回戦、西武7勝4敗、29日、メットライフ)西武の源田が4安打2打点で快勝に貢献した。一回無死一塁で右中間へ三塁打を放って先制点をもたらすと、三回と五回には中前打。六回には外角球を巧みに左翼線へ落として二塁打とし「ラッキーなのもあったけど、良かった」と喜んだ。

 八回の打席で本塁打が出ればサイクル安打だった。今季はいまだ本塁打がなく、フルスイングを見せたが、二ゴロで快挙達成はならなかった。「一応狙ってみたけど、あんな感じだった。またチャンスがあったら頑張りたい」と苦笑いだった。

辻監督(6回で降板した本田に)「もっと要求するのは高いレベル。(六回は)明らかに球が浮いていたし、そういうのを減らさないと」

金子侑(六回に今季1号2ランを放ち、新人から7年連続で本塁打をマーク)「今年も本塁打がゼロで終わらず良かった。打った瞬間の手応えも良かった」

試合結果へ