2019.6.28 05:03(1/2ページ)

新井さんの教えで今永に勝つ!広島・誠也「四球でもとにかく塁にでる」

新井さんの教えで今永に勝つ!広島・誠也「四球でもとにかく塁にでる」

横浜スタジアムでフリー打撃を行う鈴木。この後、室内でも特打を敢行した(撮影・斎藤浩一)

横浜スタジアムでフリー打撃を行う鈴木。この後、室内でも特打を敢行した(撮影・斎藤浩一)【拡大】

 交流戦を終えたプロ野球は28日にセ、パの4試合でリーグ戦が再開する。セ・リーグ4連覇を目指す2位の広島はDeNA戦(横浜)に向け、横浜スタジアムで約2時間の全体練習。交流戦は最下位に終わったが、4番の鈴木誠也外野手(24)は志願の特打を敢行し、“新井流”で再出発を誓った。

 交流戦最下位という屈辱を味わった赤ヘル逆襲の合言葉は「凡事徹底」だ。4番の鈴木が、昨季終了後に現役を引退した新井貴浩氏(42)=野球解説者=の精神を胸に、チームを立て直す。

 「5月あれだけ勝ったので、その反動はくるものだと思う。相手はプロのチームなので、ミスをすれば負ける。(浮上へ重要なのは)我慢と粘り強さ。個人、個人がミスを減らすことが勝ちにつながると思う」

 苦しいときこそ、当たり前のことを大事にしていこう-。それが新井氏が口酸っぱく言ってきた「凡事徹底」だ。チームはまさに今、2度目の危機に直面している。

 開幕直後にスタートダッシュに失敗。5月に球団新の20勝で一気にセ・リーグ首位に立ったが、交流戦で大失速した。打線は12球団ワーストの打率・216と低迷。自身も・238と苦しみ、2014年以来の最下位に転落した。首位巨人と1ゲーム差の2位から、交流戦最下位球団に優勝はないというジンクスに、立ち向かう。

【続きを読む】

  • 新井貴浩氏