2019.6.22 14:47

堀内恒夫氏、5三振の坂本勇は「体のどこかが悪いんじゃないか」

堀内恒夫氏、5三振の坂本勇は「体のどこかが悪いんじゃないか」

特集:
坂本勇人
堀内恒夫氏 

堀内恒夫氏 【拡大】

 (セ・パ交流戦、巨人3-8ソフトバンク、1回戦、ソフトバンク1勝、21日、東京D)巨人・坂本勇人内野手(30)が全5打席で三振に倒れ、1試合最多三振のプロ野球記録に並んだ。18日のオリックス戦の第2打席から18打席連続無安打で打率・299まで落ち込んだ。3割を切るのは開幕3試合目の3月31日の広島戦以来となる。

 元巨人監督の堀内恒夫氏(71)は22日、ブログで坂本勇の状態について、「スイングどうこうより体のどこかが悪いんじゃないかと思うんだよね」と指摘。「昨日も三遊間のいい守備を見せてくれてはいるけど いつもの坂本に比べると動きが悪いんだよね。守っていてもスイングを見ても なんとなく体が重そうだし アウトコースに手を出したりらしくないよね」と心配した。

 今後については、「ある程度のところまでいけば休ませてあげることも出来るかもしれないけど 厳しい試合が続けばそうもいかないしね。それがわかるからこそ『待つしかない』 そう思ってるんだ」と奮起を促していた。