2019.6.21 05:03

ヤクルト・村上、10球団制覇弾&高卒2年目以内球団新19号!

ヤクルト・村上、10球団制覇弾&高卒2年目以内球団新19号!

二回に19号2ランを放った村上。試合には敗れたが、アーチで燕党を酔わせた(撮影・長尾みなみ)

二回に19号2ランを放った村上。試合には敗れたが、アーチで燕党を酔わせた(撮影・長尾みなみ)【拡大】

 (セ・パ交流戦、ヤクルト5-6ソフトバンク、3回戦、ソフトバンク2勝1敗、20日、神宮)ヤクルトは接戦を落とし、11カード連続の勝ち越しなし。2年目の村上宗隆内野手(19)が二回に19号2ランを放ったが、1点差で敗れた。

 「やるべきことをやっていくだけ。チームが勝つために打たないといけない」と悔しがった村上。0-1から一時逆転の一発だった。左腕、大竹が内角を攻めてきた138キロの直球を巧みに捉え、右翼席まで運んだ。これで交流戦5カード連続本塁打で、セ・リーグ5球団と加えて10球団からのアーチ。19号は球団では1964年の高山忠克(2年目)を抜き、高卒2年目までのシーズン最多本塁打となった。

 だが、一発がなかなか勝利につながらない。村上が本塁打を打った試合は、10号までの10試合は7勝3敗だったが、11号からの9試合は1勝8敗。小川監督も「本塁打だけになってしまった。つないでいけたらよかった」と振り返った。

 打点を54に伸ばしてリーグトップを走る村上は「本塁打に対して意識はない。勝ちに貢献できる一打にこだわってやっていきたい」と誓った。21日からはロッテとの3連戦(神宮)。“11球団制覇”のアーチをかけ、今度こそ勝利につなげる。 (横山尚杜)

試合結果へ

  • 2回、2点本塁打を放ち生還したヤクルト・村上はつば九郎と抱き合い笑顔を見せる=神宮球場(撮影・長尾みなみ)
  • 5回、2点本塁打を放つヤクルト・山田哲=神宮球場(撮影・長尾みなみ)
  • 先発のヤクルト・山田大=神宮球場(撮影・長尾みなみ)
  • 投球するヤクルト・久保=神宮球場(撮影・長尾みなみ)
  • 5回、2点本塁打を放ち生還したヤクルト・山田哲はつば九郎とタッチを交わす=神宮球場(撮影・長尾みなみ)
  • ヤクルト・村上宗隆の今季ホームランカルテ
  • 村上の今季各球団からの本塁打