2019.6.21 05:03(1/2ページ)

日本ハム・清宮、東京五輪の地・ハマスタで初弾!連敗止める2号

日本ハム・清宮、東京五輪の地・ハマスタで初弾!連敗止める2号

特集:
清宮幸太郎
横浜の夜空に打ち上げた打球を見つめる清宮。来年の五輪会場で初アーチだ (撮影・斎藤浩一)

横浜の夜空に打ち上げた打球を見つめる清宮。来年の五輪会場で初アーチだ (撮影・斎藤浩一)【拡大】

 (セ・パ交流戦、DeNA4-8日本ハム、3回戦、DeNA2勝1敗、20日、横浜)日本ハムは20日、DeNA最終戦(横浜)に8-4で勝ち、連敗を4で止めた。7試合ぶりに先発復帰した清宮幸太郎内野手(20)が3-4の六回に5月30日のロッテ戦(札幌ドーム)以来となる同点の2号ソロを放ち、勝利に貢献。出場を目指す2020年東京五輪の野球・ソフトボールの主会場となる横浜スタジアムで初めてプレーした3連戦の最後に、値千金の一撃を刻んだ。

 爽快なハマ風に乗った。2020年東京五輪チケットの抽選結果が発表されたこの日。清宮が、野球競技の主会場となる横浜スタジアムでプロ初の本塁打を右中間席最前列に突き刺した。

 「(スライダーを)狙っていました。入ってくれてよかった。連敗が止まったことが一番よかった」

 会心の笑みを浮かべて振り返ったのは1点を追う六回1死。三嶋の外角低めに落ちるスライダーに体の軸を残し、しっかりと振り抜いた。

 6月12日の広島戦(札幌ドーム)以来、7試合ぶりに先発復帰。一回の第1打席、四回の第2打席は三振に倒れたが「自分の感覚的な問題なんですが“間”ができていた」と手応えをつかんでいた。疲労などを考慮して先発を外れていたが、コンディション、さらに感覚も戻し、価値ある一発につなげた。

【続きを読む】

  • 勝利のタッチをかわす清宮幸太郎(手前)ら日本ハムナイン
  • 7回本塁打を放った杉谷と笑顔でハイタッチする日本ハム・清宮=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)
  • 9回、左2点本塁打を放つ日本ハム・大田=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)
  • 7回、左本塁打を放つ日本ハム・杉谷=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)
  • 7回、本塁打を放ちガッツポーズする日本ハム・杉谷=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)
  • 先発の日本ハム・上原=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)
  • ポリーと声援に応える日本ハム・杉谷=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)
  • 日本ハム・清宮幸太郎のホームランカルテ