2019.6.20 14:45

駒大が専大下し1部残留、連投の福山1失点完投/東都

駒大が専大下し1部残留、連投の福山1失点完投/東都

駒大野球部OB会会長の中畑清氏(右)は入れ替え戦に連投で完投勝ちした福山優希投手(1年)を祝福した(撮影・赤堀宏幸)

駒大野球部OB会会長の中畑清氏(右)は入れ替え戦に連投で完投勝ちした福山優希投手(1年)を祝福した(撮影・赤堀宏幸)【拡大】

 東都大学野球の1、2部入れ替え戦の3回戦が20日、東京・神宮球場で行われ、駒大(1部6位)が専大(2部1位)を6-1で下し、2勝1敗で1部残留を決めた。

 駒大は、一回に敵失などで先制し、三、五、七回と1点ずつ加え、八回にも2点を挙げ、連投の先発右腕・福山優希投手(1年)が5安打1失点で完投し、抑えた。

 駒大・福山は、「“がんばれ”とかいろいろ激励をされたが、自分がやることに変わりはないと思って投げた。きのう(2回戦)で、打者が自分をわかっていると思っていたので、きょうはきょうという感じで投げた。勝ててホッとした。秋に日本一をめざせるようにしたい」と話した。

 観戦した駒大野球部OB会長の中畑清氏は、「本当に連投で投げ切った1年生はすごい。後光が差していたよ」と興奮し、試合後に福山をねぎらった。

試合結果へ試合日程へ