2019.6.19 17:34

MLBが審判組合を批判「深刻な職場の暴力の問題と比較するのは不適切」

MLBが審判組合を批判「深刻な職場の暴力の問題と比較するのは不適切」

 米大リーグ機構(MLB)は18日、球審に激しい抗議をして退場処分を受けたパドレスの内野手マチャドを非難した審判組合に対し、批判する声明を出した。

 マチャドは15日の試合でストライクの判定に抗議し、MLBは抗議中に体の接触があったとして1試合の出場停止とした。審判組合はフェイスブックなどで「職場暴力は看過できない」と訴えたが、MLBは「深刻な職場の暴力の問題とこの件を比較するのは不適切」と見解を示した。AP通信によるとマチャドは体の接触を否定している。(共同)