2019.6.18 16:53

専大・佐藤奨が力投「球速が上がり球質良くなった」/東都

専大・佐藤奨が力投「球速が上がり球質良くなった」/東都

専大・佐藤奨真投手は、駒大との入れ替え戦に先発し、8回3失点=神宮球場(撮影・赤堀宏幸)

専大・佐藤奨真投手は、駒大との入れ替え戦に先発し、8回3失点=神宮球場(撮影・赤堀宏幸)【拡大】

 東都大学リーグ入れ替え戦(18日、駒大3-7専大、神宮)専大は3年の佐藤奨が8回3失点と試合をつくった。140キロを超える直球に今冬覚えたスプリットなどを織り交ぜ8奪三振。一回に4点を失った昨季入れ替え戦の悪夢を払拭し「球速が上がり球質が良くなった」と自信をにじませた。

 主将の平湯、本塁打を含む3安打の岡本良ら、2部落ちを経験した4年生も打線を引っ張った。斎藤監督は「最後は1部でという思いが強い。でもこれで五分五分」と気を引き締めた。

試合結果へ試合日程へ