2019.6.18 05:04(1/3ページ)

近本よ、はい上がれ!阪神・矢野監督が猛ゲキ「1番」変えん

近本よ、はい上がれ!阪神・矢野監督が猛ゲキ「1番」変えん

21打席連続ノーヒットの近本。復調が虎打線のカギを握る

21打席連続ノーヒットの近本。復調が虎打線のカギを握る【拡大】

 近本よ、はい上がってこい!! 阪神・矢野燿大監督(50)は17日、4試合21打席連続無安打のドラフト1位・近本光司外野手(24)=大阪ガス=を、今後も「1番・中堅」で起用していく考えを明かした。最近10試合で打率・067と絶不調も、使い続けて育てるのが矢野流。近本も覚悟を胸に、18日の楽天戦(倉敷)へ向け岡山入りした。

 変えてやれば、本人も楽かもしれない。だからこそ変えない。苦しんで乗り越えろ-。4試合21打席連続無安打でも関係ない。矢野監督が、いの一番にスターティングメンバー表に書き込む名前は、これからも「近本」だ。絶不調でも動かさないと、言い切った。

 「それは俺の中ではないね。誰がどう見ても結果が出ていないし。凡打を見ても、良くないなというのがあるけど」

 もがき、苦しむ姿は、指揮官こそが誰より近くで見つめ続けてきた。だが、近本がもたらすモノの大きさには、すでに魅了されている。ここで簡単に“救いの手”を差し伸べることなど、したくなかった。華々しく駆けだしたプロ1年目に訪れた本格的な山場だが、逃してやっても近本のためにならない。真正面から突き抜けてもらう。

【続きを読む】

  • 矢野監督は不振の近本を今後も1番で起用する
  • 阪神・近本の最近10試合のアットバット
  • 岡山駅に到着した近本。楽天戦でトンネルを抜け出したい(撮影・山田喜貴)
  • 岡山駅に到着した阪神・大山(撮影・山田喜貴)
  • 岡山駅に到着した阪神・糸原(撮影・山田喜貴)
  • 岡山駅に到着した阪神・ドリス(手前)とマルテ(撮影・山田喜貴)
  • 岡山駅に到着した阪神・原口(撮影・山田喜貴)
  • 岡山駅に到着した阪神・木浪(撮影・山田喜貴)