2019.6.18 22:15

日本ハム・上沢、左膝に打球受け病院へ 栗山監督「状態がいいことを信じるだけ」

日本ハム・上沢、左膝に打球受け病院へ 栗山監督「状態がいいことを信じるだけ」

特集:
清宮幸太郎
6回、打球が直撃し倒れ込む日本ハム・上沢=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一) 

6回、打球が直撃し倒れ込む日本ハム・上沢=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一) 【拡大】

 (セ・パ交流戦、DeNA3-0日本ハム、1回戦、DeNA1勝、18日、横浜)日本ハムの上沢は0-1の六回にソトの鋭い打球を左膝に受けた。自力では起き上がれず、担架で運ばれて横浜市内の病院へ向かった。栗山監督は「こっちは状態がいいことを信じるだけだから」と話した。

 6回を2安打1失点と快調な投球を続けていた中でのアクシデントだった。不運に見舞われた上に打線の援護もなく、今季3敗目を喫した。

栗山監督(打線が沈黙して3連敗)「こっち(監督)の責任。しっかりやります」

清宮(代打で四球)「捉え切れなかったのが悔しい」

試合結果へ

  • 先発の日本ハム・上沢=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)