2019.6.17 05:00

【ダンカン】「神様、仏様、福留様」の力で虎は死なず!!

【ダンカン】

「神様、仏様、福留様」の力で虎は死なず!!

特集:
福留孝介
ダンカン 虎の通信簿
九回に2点二塁打を放つ福留。チームを救った(撮影・山田喜貴)

九回に2点二塁打を放つ福留。チームを救った(撮影・山田喜貴)【拡大】

 (セ・パ交流戦、オリックス5-5阪神=延長十二回規定により引き分け、3回戦、オリックス2勝1分、16日、京セラ)『虎は死なず!!』。いや、決して強くないけど…。むしろ虚弱体質のチームだけどさ、指揮官の魂が通っているこのチームは案外、強いんじゃねー!! と思うのだ!!

 六回までオリックス・先発の田嶋に無安打に抑えられ、スコアも0-5。この試合展開に「あ~、どーにでもしてくれやー!!」とさじを投げる虎党とは裏腹に試合を捨てないのが今季の矢野阪神だ!!

 大山のタイムリーや原口の犠飛などで七回に2点差に詰め寄り、九回はあと一人で試合終了という状況で代打の「神様、仏様、福留様」が、もう少しでフェンスオーバーの2点二塁打(恐れ入って、もう大ベテランに言葉もないわ~)。

 試合は引き分けだったけど、虎党はずうずうしいから六回までノーヒットのことや、九回のあとアウト一つで黒星だったことを忘れて「勝てたやないかー!!」と平気でのたまうかんね。

 そこで俺はハッとさせられた。きょうのような追い上げを見せる力があるならば、猛虎が平気でプレーできる(強くなる)日はそう遠い未来ではないと思うのだ。

試合結果へ