2019.6.16 15:20

明大2番手・伊勢が好救援「圧倒できた」/全日本大学野球

明大2番手・伊勢が好救援「圧倒できた」/全日本大学野球

9回、力投する明治大・伊勢大夢=神宮球場(撮影・桐原正道)

9回、力投する明治大・伊勢大夢=神宮球場(撮影・桐原正道)【拡大】

 全日本大学選手権第5日(16日、明大5-1東農大北海道オホーツク、神宮)明大は1-1の三回から登板した2番手の伊勢が好救援した。自己最速の151キロをマークするなど抜群の球威で押し、八回まで無安打。八回裏の4点を呼び込み「流れを変えるためにスピードを意識した。圧倒できた」とうなずいた。

 九回まで投げ切り、13日の準々決勝で東洋大を完封したエース森下の温存に成功。チームへの貢献が大きい投球で「(決勝の)明日は(森下)暢仁と思っていた。投げさせたくないと思って投げた」と胸を張った。

試合結果へ試合日程へ組み合わせへ