2019.6.16 05:04(1/2ページ)

サヨナラ負けより…阪神・矢野監督、凡走の大山にキッパリ「論外」

サヨナラ負けより…阪神・矢野監督、凡走の大山にキッパリ「論外」

大山(左)は六回、二塁にスライディングせずに到達。内野安打と判定されたが、リクエストの結果、アウトと覆った(撮影・山田喜貴)

大山(左)は六回、二塁にスライディングせずに到達。内野安打と判定されたが、リクエストの結果、アウトと覆った(撮影・山田喜貴)【拡大】

 (セ・パ交流戦、オリックス3x-2阪神、2回戦、オリックス2勝、15日、京セラ)論外! 阪神はオリックス戦(京セラ)に逆転サヨナラ負けし、3連敗となった。矢野燿大監督(50)は六回、福留の内野安打となりそうな当たりで二塁へスライディングしなかった大山悠輔内野手(24)の走塁を厳しく指摘。チームの中心選手として期待するからこそ、改めて隙のないプレーを求めた。3位は変わらないが、貯金は「3」に減った。

 これを見過ごしては戦えない。ともに喜び、悔しがり、ナインの背中を押してきた。一方で、戦わないプレーは断じて許さないのが矢野監督だ。九回に逆転を許し、今季2度目のサヨナラ負け。確かに守備の乱れは響いたが、全力で勝負に行った結果に悔いはない。自ら話を向けたのは、大山のことだった。

 「やっぱり悠輔のプレーが残念でならん。チームの士気も上がらんし、ファンにも失礼。(福留)孝介もね、体の状態が悪い中、ヒットになったものがヒットにならないし。野球を見ている子どもたちに対しても、何のプラスにもならない」

 断罪だった。九回まで1点リードしていた。その1点を六回にもぎ取ったのは大山だったが、その直後、看過できない走塁をした。2-1の六回2死一塁の一走。福留の中前へ抜けようかという打球に二塁・福田が追いつき、二塁へ転送。そこにはスライディングせず、右足を“ソッと”二塁キャンバスに差し出す大山がいた。一度はセーフと判定されたが、リクエストによるリプレー検証ののちアウトに。必死でリリーフがリードを保ったが、九回にすべてが決壊した。指揮官の厳しい指摘は続いた。

 「攻めたミスというのはね、あると思うし。それは…俺の責任やと思っているけど。まあ、スライディングせえへんていうのはね、論外」

 失点につながらなかったが、四回にはセ・ワーストを更新する13失策目の一塁悪送球もあった。それを取り返す、勝ち越し適時打を放ったはずが…。大山も、自身へのふがいなさが口をついた。

【続きを読む】

  • 大山は六回、一時勝ち越しとなるタイムリーを放ったのだが…
  • 矢野監督はサヨナラ負けよりも、六回の大山の走塁を厳しく指摘した