2019.6.16 05:00

【ダンカン】阪神・ドリス、来季残留は赤に近い黄信号と心してやれよ~!!

【ダンカン】

阪神・ドリス、来季残留は赤に近い黄信号と心してやれよ~!!

特集:
ダンカン 虎の通信簿
ドリスはロメロにサヨナラ犠飛を浴び、打球のゆくえを見つめる

ドリスはロメロにサヨナラ犠飛を浴び、打球のゆくえを見つめる【拡大】

 (セ・パ交流戦、オリックス3x-2阪神、2回戦、オリックス2勝、15日、京セラ)やばい…(汗)。阪神に黄信号がともった…、かも。

 キャッチャーだったからだろうか? 虎の指揮官・矢野燿大は同じ1敗でも絶対に落としてはいけない1敗を知っている。そして、その1敗の一つが本日の試合であった。なぜなら、短い交流戦だけに5割の星を守っておかなければいけない。同様に2つまではともかく、3連敗をしてはいけない!!

 青写真通りに八回まではリーグ戦ではなく、まるで高校野球のような負けたら終わりのトーナメント野球で挑み、実際試合はその通りに進んでいく。先発の岩田を5回4安打1失点で交代させ、石橋をたたいて渡る守屋-能見-島本-藤川と細かいリレーでオリックス打線を分断していったのだった…。

 その熱を感じとった4番・大山が不調を気持ちでカバーして、六回に決勝タイムリー…。全ては矢野マジックに全国の虎党も気持ち良く躍らされる、飲めや歌えの晩餐(ばんさん)になるはずだったのに… その晩餐(ばんさん)にドリスという“ユダ”がいた~!!

 九回先頭の小島をヒットで出すのは仕方ないにせよ、も~見飽きたバント処理のエラーからの逆転サヨナラ負け…。ドリス~!! 来季の日本球界残留は限りなく赤に近い黄信号と心してやれよ~!!

試合結果へ