2019.6.16 19:21

巨人・坂本勇が勝ち越し打「食らいついていった」

巨人・坂本勇が勝ち越し打「食らいついていった」

特集:
坂本勇人
2回、2点打を放ちVサインを見せる巨人・坂本勇=札幌ドーム(撮影・今野顕)

2回、2点打を放ちVサインを見せる巨人・坂本勇=札幌ドーム(撮影・今野顕)【拡大】

 (セ・パ交流戦、日本ハム3-7巨人、3回戦、巨人2勝1敗、16日、札幌D)巨人の坂本勇が二回に勝ち越しの2点適時打を放った。一回にエース菅野が失った3点を炭谷の適時打などで同点としてさらに2死二、三塁と好機を広げた場面で打席に入り「みんながつないでくれたチャンス、食らいついていった。逆転の一打になって良かった」と喜んだ。

 ただ、腰の張りのために四回2死三塁で四球を選んだ後に代走が送られて退いた。原監督は「無理せず。大したことはない」と説明。18日からのオリックス戦の出場について「全く問題ない」と話した。

原監督(菅野に)「立て直した。ストライクゾーンを広めに使っていた」

若林(四回に安打で追加点に絡んで五回には犠飛)「自分のできることを最低限やった結果」

試合結果へ

  • 4回途中で交代し、ベンチで帽子をかぶり直す巨人・坂本勇=札幌ドーム(撮影・野口隆史)
  • 4回途中で交代し、ベンチに座る巨人・坂本勇=札幌ドーム(撮影・野口隆史)