2019.6.16 21:14

オリックス・田嶋、好投報われず「走者残しての降板悔しい」

オリックス・田嶋、好投報われず「走者残しての降板悔しい」

先発のオリックス・田嶋=京セラドーム大阪(撮影・松永渉平)

先発のオリックス・田嶋=京セラドーム大阪(撮影・松永渉平)【拡大】

 (セ・パ交流戦、オリックス5-5阪神=延長十二回規定により引き分け、3回戦、オリックス2勝1分、16日、京セラ)左肘痛から復帰2戦目だったオリックスの田嶋は、切れのある球を投げ込み、六回まで無安打無得点に抑えた。しかし七回先頭の糸原に初安打を許し、次打者に四球を与えたところで、95球で降板。ここから流れが変わり「走者を残してマウンドを降りたことが悔しい」と唇をかんだ。

 結果として七回途中2失点。西村監督が「逃げ切らないといけない試合」と嘆いたように、先発サウスポーに勝ち星はつかなかったものの、復帰戦を勝利で飾った5日のDeNA戦に続く快投で完全復活が近いことを印象づけた。

吉田正(五回に適時打)「チャンスだったので、初球から積極的に打った」

中川(五回に2点打)「2打席目まで凡退していたので、強い気持ちを持って打った」

大城(四回に先制の二塁打)「1打席目が見逃し三振だったので、積極的に打った」

試合結果へ

  • 4回、阪神・糸原の打球が身体に当たり一旦ベンチに戻るオリックス・田嶋=京セラドーム大阪(撮影・山田喜貴)