2019.6.15 05:01

大谷出場の試合、停電で中断

大谷出場の試合、停電で中断

特集:
大谷翔平
トロピカーナ・フィールドでは四回裏のレイズの攻撃中、停電で試合が中断。暗闇の中、選手らは試合再開を待った (ゲッティ=共同)

トロピカーナ・フィールドでは四回裏のレイズの攻撃中、停電で試合が中断。暗闇の中、選手らは試合再開を待った (ゲッティ=共同)【拡大】

 レイズ3-5エンゼルス(13日、セントピーターズバーグ)試合が行われたレイズの本拠地トロピカーナ・フィールドで、四回裏のレ軍の攻撃中にアクシデントが起きた。午後8時21分から場内の照明が消え、試合は中断。36分後に再開した。球場のある米フロリダ州タンパ周辺は激しい暴風雨に見舞われ、市街地全域が停電。携帯電話の電灯(ライト)でグラウンドを照らすファンもいた。同球場ではヤンキース・田中将大投手(30)が先発した5月12日(日本時間13日)の試合で、停電による43分間の中断があった。

試合結果へ大谷の成績へ