2019.6.15 08:00

【エモやんの舌好調】巨人・メルセデス、下半身がグラグラ 走り込みで鍛え直せ!

【エモやんの舌好調】

巨人・メルセデス、下半身がグラグラ 走り込みで鍛え直せ!

6回、無死満塁で降板する巨人・メルセデス=札幌ドーム(撮影・今野顕)

6回、無死満塁で降板する巨人・メルセデス=札幌ドーム(撮影・今野顕)【拡大】

 (セ・パ交流戦、日本ハム5-4巨人、1回戦、日本ハム1勝、14日、札幌D)巨人はリリーフ陣がつかまり逆転負け。元凶は先発のメルセデスよ。有原を見習え、と強く言いたいね。打たれても、点を失っても、1点でも少なく抑えて、1人でも多く投げてやろうという投手としての気骨が、有原にはある。六回無死満塁のピンチを残して、スタコラ降板しているようでは、メルセデスは勝てないわな。

 明らかにメルセデスは腕の振りが鈍く、手投げになっている。なぜか。体の切れが悪いからだ。もう一つ、下半身がグラグラして、ピタッと決まらないからだ。これでは、力のあるボールはいかない。リリースポイントがブレて、細かいコントロールはできない。

 実はエモトは5月18日の中日戦で、メルセデスを「下半身がグラつかない」と評価した。あれから1カ月で、状態が180度、変わるとは…。

 これはもう練習不足、走り込み不足以外の何物でもない!

 昨年、わずか1シーズンよかったからといって、甘やかしたらこうなる。疲労を取り除くだけの調整をさせていたら、こうなる。本人任せではなく、首脳陣がビシッと言って、汗を絞らせないといかん。ここも強く言わせてもらうよ。鍛え直せ!! (サンケイスポーツ専属評論家)

試合結果へ