2019.6.15 05:01

広島・床田、5被弾ショック…屈辱の42球

広島・床田、5被弾ショック…屈辱の42球

2回途中で降板する広島・床田=楽天生命パーク(撮影・土谷創造)

2回途中で降板する広島・床田=楽天生命パーク(撮影・土谷創造)【拡大】

 (セ・パ交流戦、楽天11-2広島、1回戦、楽天1勝、14日、楽天生命)床田が5本塁打を浴び、二回途中7失点でKOされた。制球が安定せず、屈辱の42球での降板に「真っすぐが全然行かなかった。やばい」とショックを隠せなかった。チームは2010年6月29日の巨人戦(8被弾)以来となる計7被弾で大敗し、交流戦は4カード連続で3連戦の初戦を落とした。3連敗(1分けを挟む)に緒方監督は「また明日しっかり戦うだけ」と淡々と話した。

乱調の床田に広島・佐々岡投手コーチ「球に力がなかった」

二回の7号2ランに広島・会沢「後ろにつなぐ気持ちでいった」

試合結果へ

  • 1回、楽天・ブラッシュ(右)に3点本塁打を許す広島・床田(左)=楽天生命パーク(撮影・土谷創造)
  • 2回、2点本塁打を放つ広島・会沢=楽天生命パーク(撮影・土谷創造)