2019.6.14 05:03(1/2ページ)

オリックス、逆転サヨナラ勝ち!V打ロメロ大興奮

オリックス、逆転サヨナラ勝ち!V打ロメロ大興奮

九回にサヨナラ打を放ったロメロ。チームを救った(撮影・榎本雅弘)

九回にサヨナラ打を放ったロメロ。チームを救った(撮影・榎本雅弘)【拡大】

 (セ・パ交流戦、オリックス6x-5中日、3回戦、中日2勝1敗、13日、京セラ)白球が左翼前に弾むと、一塁ベンチからナインが飛び出した。何度も食らいついた。最後まであきらめない。オリックス・ロメロのバットが、それを体現した。反撃の7号ソロに、サヨナラ打。苦しい連敗の先に、歓喜のウオーターシャワーが待っていた。

 「サムイ…。最近、調子が良くて使い続けていた打撃手袋が、水とスポーツドリンクで濡れてダメになってしまった。なんとかあしたまでに乾かさないとね」

 うれしい悩みもできたが、それほど大興奮の結末だった。

 同一カード3連敗目前-。3-5と2点を勝ち越された直後の九回、7番・大城から始まった。安打、相手の失策、四球などで同点とし、なおも2死二、三塁。「相手のリリーフも連投で疲れていると思っていたし、それまでの打者がつないでくれるという気持ちで待っていた」と打席が巡ってきた。敬遠も頭をよぎったが、「自分と勝負してくると分かったときに打つと気持ちを入れた」とスイッチオン。R・マルティネスのフォークを左前に弾き返した。

【続きを読む】

  • お立ち台で笑顔のオリックス・ロメロ=京セラドーム大阪(撮影・榎本雅弘)
  • 9回、サヨナラの適時打を放つオリックス・ロメロ=京セラドーム大阪(撮影・榎本雅弘)
  • 9回、サヨナラ打を放ったオリックス・ロメロ=京セラドーム大阪(撮影・榎本雅弘)
  • 7回、オリックス・ロメロがソロ本塁打放つ=京セラドーム大阪(撮影・榎本雅弘)
  • 7回、オリックス・大城の右適時打で二走・佐野がホームイン=京セラドーム大阪(撮影・榎本雅弘)
  • 7回、オリックス・大城が右適時打放つ=京セラドーム大阪(撮影・榎本雅弘)
  • 6回、中日・京田を見逃し三振にとり、拳をにぎりしめるオリックス・荒西=京セラドーム大阪(撮影・榎本雅弘)
  • 先発のオリックス・荒西=京セラドーム大阪(撮影・榎本雅弘)
  • 先発のオリックス・荒西=京セラドーム大阪(撮影・榎本雅弘)
  • ベンチのオリックス・西村監督(右から2人目)=京セラドーム大阪(撮影・榎本雅弘)