2019.6.14 05:01

阪急阪神HD株主から珍要求「甲子園でいか焼き売って」

阪急阪神HD株主から珍要求「甲子園でいか焼き売って」

株主総会では今年もさまざまな意見が飛び出した(撮影・岡本義彦)

株主総会では今年もさまざまな意見が飛び出した(撮影・岡本義彦)【拡大】

 阪神タイガースの親会社である阪急阪神ホールディングス(HD)の株主総会が13日、大阪市内で開催された。

 阪神で1958年から20年間プレーした遠井吾郎のファンだという男性株主からは珍要求が飛び出した。「いか焼きを甲子園で販売してほしい。それと焼き鳥のタレが濃いのはビールを飲ます作戦なのか?」。場内は大爆笑。いか焼きといえば阪神百貨店梅田本店の人気フード。百北常務は「すべてのご意見に関しては貴重なご意見と考えて、球団に持ちかえり、話をしておきます」と回答した。

 別の男性株主は、就任1年目の藤原オーナーの手腕に期待を寄せた。「今年は最下位を中日と争うと予想していた。好調の原因は藤原オーナーが特別なものをもった方と判断した」。セ・リーグの上位にいる理由に本社トップの統率力を挙げ「過去のオーナーは(総会で)壇上に上がって話すことはなかった。藤原オーナーはしゃべる。素晴らしいと思う」と絶賛。総帥は「僕は現場主義ですから」と恐縮しきりだった。