2019.6.14 09:08

大谷、メジャー通算30号 先制弾丸ライナー弾の飛距離は126メートル

大谷、メジャー通算30号 先制弾丸ライナー弾の飛距離は126メートル

レイズ戦の1回、左中間に先制の8号3ランを放つエンゼルス・大谷=セントピーターズバーグ(共同)

レイズ戦の1回、左中間に先制の8号3ランを放つエンゼルス・大谷=セントピーターズバーグ(共同)【拡大】

 レイズ-エンゼルス(13日、セントピーターズバーグ)エンゼルスの大谷翔平投手(24)が敵地でのレイズ戦に「3番・DH」で先発し、一回の第1打席で2試合連続本塁打となる先制8号3ランを放った。この一発がメジャー通算30号となった。

 この日から始まった11試合の遠征の最初の打席で大谷が魅せた。一回無死一、二塁の好機で回った第1打席。カウント1-1からの甘いコースに来たヤーブーローのスライダーを強振すると、逆方向へのライナー性の打球は力強く伸びて左中間スタンドに飛び込む8号先制3ランとなった。11日(日本時間12日)のドジャース戦に続いて、2試合連続本塁打。打たれたヤーブーローは、マウンド上で膝に手をついて悔しそうな表情を浮かべた。

 MLB公式サイトのデータ解析システム「スタッツキャスト」によると、打球の初速度は111マイル(約178・6キロ)。その角度は19度で滞空時間は4・2秒、推定飛距離は414フィート(約126・2メートル)だった。

試合結果へ大谷の成績へ

  • レイズ戦の1回、左中間に先制の8号3ランを放つエンゼルス・大谷=セントピーターズバーグ(共同)
  • レイズ戦の1回、左中間に先制の8号3ランを放つエンゼルス・大谷=セントピーターズバーグ(共同)
  • レイズ戦の1回、先制の8号3ランを放ち、一塁を回るエンゼルス・大谷=セントピーターズバーグ(共同)