2019.6.14 21:40

ロッテ・二木、九回につかまる 黒星先行で「自分の力不足」

ロッテ・二木、九回につかまる 黒星先行で「自分の力不足」

先発のロッテ・二木=ZOZOマリンスタジアム(撮影・田村亮介)

先発のロッテ・二木=ZOZOマリンスタジアム(撮影・田村亮介)【拡大】

 (セ・パ交流戦、ロッテ1-4中日、1回戦、中日1勝、14日、ゾゾマリン)ロッテの二木は10奪三振の力投を見せたが、九回につかまった。1死から大島を四球で出すと、盗塁と捕手の田村の悪送球で三塁まで進まれる。ビシエドに低めのフォークボールを左前に運ばれ「あれを打たれたら、しょうがない」と潔く話した。

 中日の柳との投げ合いは、八回を終わって1-1。既に107球を投じていたものの、吉井投手コーチに「決着をつけてこい」と九回のマウンドに送り出された。自身3連敗で4勝5敗と黒星が先行し「自分の力不足です」と悔しさをかみしめた。

試合結果へ