2019.6.14 08:00(1/2ページ)

【小早川毅彦のベースボールカルテ】首位争い最中に!大きな価値ある楽天のルーキー4人スタメン起用

【小早川毅彦のベースボールカルテ】

首位争い最中に!大きな価値ある楽天のルーキー4人スタメン起用

特集:
小早川毅彦のベースボールカルテ
小早川毅彦氏

小早川毅彦氏【拡大】

 開幕前は決して下馬評が高いとはいえなかった楽天が、パ・リーグの首位争いをしている。テレビ解説のために訪れた7日の中日戦(ナゴヤドーム)は近年になく印象に残る試合になった。

 先発出場の予定だったD1位・辰己(立命大)と、4番・ブラッシュが急きょ欠場。辰己は2日前に死球を受けており、ブラッシュは疲労を考慮された。

 この日は仙台から移動してのナイター。ブラッシュは疲れがたまると好結果が出ないそうで、確かに打撃練習を見ていると覇気がなかった。しかも、翌日はデーゲーム。打力低下は覚悟の上で、平石監督は2人の休養を決断した。試合は3-13で大敗したが、代わりに出場したD6位・渡辺佳(明大)が2安打、D7位・小郷(立正大)もプロ初安打を含む3安打1打点と躍動。これが翌日につながった。

 翌8日は同2位・太田(大商大)が先発マスクをかぶり、大卒ルーキー4人がスタメン。これだけでも珍しいのに、二塁打の辰己を太田がバントで送り、小郷のスクイズで決勝点を奪った。

 彼らは春季キャンプから首脳陣の評価が高かった。辰己は走攻守の三拍子がそろい、太田は肩が強く、守備は即戦力に近かった。小郷はパンチ力があって足が速い。渡辺佳は3人より馬力で劣るものの、打撃技術は一番で実戦向きだった。

【続きを読む】