2019.6.14 22:25

巨人・重信 今季初猛打賞でスタメン起用に応えた

巨人・重信 今季初猛打賞でスタメン起用に応えた

7回、中前打を放つ巨人・重信=札幌ドーム(撮影・福島範和)

7回、中前打を放つ巨人・重信=札幌ドーム(撮影・福島範和)【拡大】

 巨人・重信慎之介外野手(26)が14日、日本ハム戦(札幌ドーム)で「9番・左翼」で先発し、今季初の3安打をマークした。

 相手の先発は早大の1学年先輩の有原。試合前に「大学時代からすごい方でした」と形容した右腕から、三回に中前打を放った。2死二、三塁では二走として、有原の暴投で一気に本塁へ生還する好走塁も見せた。

 七回にも中前打を放ち、2点を追う九回2死二塁ではロドリゲスの高めに浮いたカーブを右中間適時二塁打。打率を・340まで上昇させ、「結果が出てよかった。継続できるようにしたい」と話した。

 チームは4-5で敗れたが、俊足が持ち味の若武者がバットで存在感を示した。原監督も九回の二塁打を「非常に内容のあるヒット。あの場面でしっかりと返してつないだというのは価値あります」と評価した。

試合結果へ

  • 3回、中前打を放った巨人・重信=札幌ドーム(撮影・今野顕)
  • 9回、適時二塁打を放った巨人・重信=札幌ドーム(撮影・福島範和)