2019.6.14 23:20

日本ハム・王柏融が勝ち越し2ラン「狙っているポイントで打てた」

日本ハム・王柏融が勝ち越し2ラン「狙っているポイントで打てた」

お立ち台でマスコットのポリーに抱きつかれてサムアップする日本ハム・王柏融=札幌ドーム(撮影・今野顕)

お立ち台でマスコットのポリーに抱きつかれてサムアップする日本ハム・王柏融=札幌ドーム(撮影・今野顕)【拡大】

 (セ・パ交流戦、日本ハム5-4巨人、1回戦、日本ハム1勝、14日、札幌D)日本ハムの王柏融が勝ち越しの3号2ランを放ち、勝利を呼んだ。七回、中田の適時打で同点に追い付き、なお2死一塁。カットボールを、タイミングを外されながらも軸足に体重を残して拾うように捉え、右翼席ぎりぎりに運んだ。「フォーム自体は崩れたが、狙っているポイントで打てた」とうなずいた。

 前日13日の広島戦では1-2の延長十回に同点二塁打を放ち、引き分けに持ち込んだ。本拠地初アーチで連日の活躍を見せ、お立ち台で「応援ありがとうございました」と日本語でファンに感謝した。

試合結果へ

  • 7回、王柏融が2点本塁打を放ち、歓喜する日本ハムベンチ=札幌ドーム(撮影・福島範和)