2019.6.14 05:03

日本ハム、ついに奪首!広島と死闘4時間10分ドロー 栗山監督「頑張った」

日本ハム、ついに奪首!広島と死闘4時間10分ドロー 栗山監督「頑張った」

延長十回、生還した西川を大田が身を乗り出して迎えた(撮影・野口隆史)

延長十回、生還した西川を大田が身を乗り出して迎えた(撮影・野口隆史)【拡大】

 (セ・パ交流戦、日本ハム2-2広島=延長十二回規定により引き分け、3回戦、日本ハム2勝1分、13日、札幌D)執念のドローで、日本ハムが今季初の単独首位に浮上した。8投手の継投で4時間10分の死闘を引き分けに持ち込んだ。

 「本当に、今日はみんなよく頑張った。何とかしたいという気持ちが一つになった」

 栗山監督は、最後まで諦めなかった選手たちをたたえた。その指揮官が「頑張った」と名前を挙げて絶賛したのが、11日に再昇格したプロ4年目の右腕・吉田侑だ。先発した5月29日のロッテ戦以来の1軍マウンドにも「緊張しましたが、開き直ったら気持ちが楽になった」。落ち着いたマウンドさばきで2回を無安打無失点に抑え、勝ち越しを許さなかった。

 前日12日は同じ吉田姓のD1位・輝星がプロ初勝利をマーク。18歳右腕が持ち込んだ勢いを、侑樹がキラリと光る好投でつないだ。チームは楽天をわずか2厘差で上回り、開幕カード以来の奪首に成功した。

 指揮官は「まだ足りていない。これからも手を打ちまくるよ」と宣言。2016年以来、3年ぶりのパ・リーグ優勝へ、この勢いで突き進む。(中田愛沙美)

試合結果へ

  • 延長12回に登板する日本ハムの吉田侑樹=札幌市豊平区の札幌ドーム(撮影・野口隆史)
  • 12回引き分けに終わり、タッチを交わす日本ハムナイン=札幌ドーム(撮影・福島範和)
  • 12回日本ハム・杉谷が左飛に倒れ、引き分けで試合終了=札幌ドーム(撮影・福島範和)
  • 12回二塁打を放つ日本ハム・大田=札幌ドーム(撮影・福島範和)
  • 9回に登板する日本ハム・石川=札幌ドーム(撮影・野口隆史)
  • 9回、右前打を放つ日本ハム・渡辺=札幌ドーム(撮影・福島範和)
  • 7回に登板する日本ハム・宮西=札幌ドーム(撮影・野口隆史)
  • 投球する日本ハム・井口=札幌ドーム(撮影・野口隆史)
  • 6回、二番手で登板する日本ハム・浦野=札幌ドーム(撮影・野口隆史)
  • 2回、生還した日本ハム・田中賢(左)を迎える栗山監督=札幌ドーム(撮影・福島範和)
  • 2回、犠飛を放つ日本ハム・横尾=札幌ドーム(撮影・福島範和)
  • 力投する先発の日本ハム・加藤=札幌ドーム(撮影・野口隆史)