2019.6.14 05:00

広島・長野、2年ぶりお見事三塁打

広島・長野、2年ぶりお見事三塁打

1回、菊池涼の適時打で生還した長野(右)を迎える広島ベンチ =札幌ドーム(撮影・福島範和)

1回、菊池涼の適時打で生還した長野(右)を迎える広島ベンチ =札幌ドーム(撮影・福島範和)【拡大】

 (セ・パ交流戦、日本ハム2-2広島=延長十二回規定により引き分け、3回戦、日本ハム2勝1分、13日、札幌D)「1番・DH」で出場した長野は一回、加藤の外角フォークを右翼方向へ流し打って、広島移籍後初、自身2年ぶりの三塁打を放った。三回には中前打を放って2日連続のマルチ安打達成。試合後は「またあしたです」と話した。試合前時点でチームの指名打者(DH)は18打数無安打だったが、長野が“DHの壁”を突破した。

試合結果へ

  • 1回、三塁打を放つ広島・長野=札幌ドーム(撮影・福島範和)