2019.6.13 17:55

阪神・植田、プロ初本塁打の反響を明かす「LINEとかは結構きていましたね」

阪神・植田、プロ初本塁打の反響を明かす「LINEとかは結構きていましたね」

 阪神・植田海内野手(23)が13日、試合前の練習後に前日12日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)で記録したプロ初本塁打の反響を明かした。

 「ラインとかは結構きていましたね」

 七回に代走で途中出場。八回の1死二塁で打席に立つと、昨季途中まで阪神に所属していた元同僚・松田遼の3球目、内角の直球を引っ張り、右翼席へと運び、プロ初本塁打となる1号2ランを放っていた。

 試合後、LINE(無料メッセージアプリ)に100件もの祝福の連絡が入り、朝までにすべて返信したという。記念ボールは両親に渡す予定で、矢野監督からは「昨日は、よかったな」と声をかけられた。

 「僕は打席に立つ(機会)のが少ない。1試合でも(立てて)1打席なので、いつも集中して、なるべくいい結果が出せるように練習から意識してやっています」

 初本塁打の映像はすでにチェックし、確認済み。レギュラーの座をつかみとるため、牙を研いでいく。