2019.6.13 05:03(1/2ページ)

阪神・青柳、自己最多5勝!タカ打線手玉7回2失点「右打者にもインコースどんどんいけた」

阪神・青柳、自己最多5勝!タカ打線手玉7回2失点「右打者にもインコースどんどんいけた」

青柳は7回2失点の力投。キャリアハイの5勝目を挙げた(撮影・水島啓輔)

青柳は7回2失点の力投。キャリアハイの5勝目を挙げた(撮影・水島啓輔)【拡大】

 (セ・パ交流戦、ソフトバンク2-8阪神、2回戦、阪神1勝1分、12日、ヤフオクD)内と外を丁寧に突いて強力鷹打線を沈黙させた。先発・青柳は7回4安打2失点(自責1)。キャリアハイの5勝目を挙げ、満面の笑みで仲間たちとハイタッチを交わした。

 「全体的に制球よくいけた。右打者にもインコースへどんどんいけたので、その結果、ゴロにできたり、スライダーで三振を取れたのはすごくよかった」

 冷静だった。三回先頭の内川のボテボテの打球を三塁・大山が捕れず(失策)、出塁を許す。その後、2死三塁とされ、福田に適時内野安打を許す。嫌な形で先制されたが、動じなかった。

 四回も先頭のグラシアルに右前打を浴びたが、続くデスパイネをシュートで攻めて空振り三振。続く松田宣は三ゴロ併殺に仕留めた。五回も先頭打者を出したが、その後は内川、釜元、甲斐と下位ながら強力打線をピシャリ。伝家の宝刀のスライダーを駆使して、6つ三振のうち4つは、この決め球で奪ってみせた。

【続きを読む】

  • 青柳(右から2人目)は試合後、梅野とハイタッチ。前夜の粘りを生かしたゾ
  • 先発の阪神・青柳=ヤフオクドーム(撮影・水島啓輔)
  • 阪神・青柳の年度別登板成績