2019.6.13 15:10

米ESPN、オルティス銃撃のまとめ役は「現金84万円相当を差し出されていた」

米ESPN、オルティス銃撃のまとめ役は「現金84万円相当を差し出されていた」

オルティス氏はレッドソックスなどで通算541本塁打の大砲だった

オルティス氏はレッドソックスなどで通算541本塁打の大砲だった【拡大】

 米大リーグ、レッドソックスなどで通算541本塁打を記録し、2016年限りで現役を引退したデービッド・オルティス氏(43)が9日(日本時間10日)、母国のドミニカ共和国で銃撃された。米メディアの報道によると、銃弾は胃を貫通したが、緊急手術の結果、命に別条はないという。同氏はその後、米ボストン市内の病院に搬送され治療を続け、すでに歩行できるまで回復を遂げているという。

 米スポーツ専門局ESPN電子版は12日(同13日)、オルティス氏を銃撃したとみられる男を含め6人の容疑者が拘束されたことをドミニカの主任検察官が明かしたと伝えた。

 さらに「地元警察『オルティス氏銃撃の容疑者は7800ドル(約84万円)を差し出されていた」との見出しで、ドミニカの地元警察が「今回の事件のまとめ役とされている人物は、襲撃を実行するにあたって約7800ドルを差し出されていた。その人物は今回拘束された容疑者の一人である」と報じた。