2019.6.13 22:25

西武、投打に振るわず勝率5割に戻る 辻監督は桜井称賛「彼に完敗」

西武、投打に振るわず勝率5割に戻る 辻監督は桜井称賛「彼に完敗」

6回、西武・山川が死球をうける=メットライフドーム(撮影・今野顕)

6回、西武・山川が死球をうける=メットライフドーム(撮影・今野顕)【拡大】

 (セ・パ交流戦、西武2-8巨人、3回戦、巨人2勝1敗、13日、メットライフ)西武は投打に振るわず勝率が5割に戻った。郭俊麟は一回に丸の適時打で先制されると、四回2死二、三塁から炭谷に不用意な初球の直球を左翼席へ運ばれた。4回4失点で今季初黒星を喫し「先発投手としての役割を果たすことができず、申し訳ない気持ちでいっぱい」とうなだれた。

 打線は桜井を攻略できず、七回まで木村のソロによる1点に抑えられた。自慢の強打が影を潜め、辻監督は「あれだけ制球がいいとは。彼に完敗」と潔く認めた。

試合結果へ

  • 7回、本塁打を放つ西武・木村=メットライフドーム(撮影・中井誠)
  • 4回、巨人・炭谷に3点本塁打を打たれた西武・郭俊麟=メットライフドーム(撮影・中井誠)
  • 7回から3番手でプロ初登板した西武・粟津=メットライフドーム
  • 先発の巨人・桜井=メットライフドーム(撮影・今野顕)