2019.6.13 05:04(1/3ページ)

日本ハム・輝星、初登板で勝った!驚がくの直球に広島・誠也「見たことない」

日本ハム・輝星、初登板で勝った!驚がくの直球に広島・誠也「見たことない」

初登板で勝利投手となった吉田輝(左)はウイニングボールを手に、栗山監督と記念写真におさまった (撮影・荒木孝雄)

初登板で勝利投手となった吉田輝(左)はウイニングボールを手に、栗山監督と記念写真におさまった (撮影・荒木孝雄)【拡大】

 (セ・パ交流戦、日本ハム2-1広島、2回戦、日本ハム2勝、12日、札幌D)これぞスターだ! 日本生命セ・パ交流戦で12日、日本ハムのドラフト1位・吉田輝星投手(18)=金足農高=が、広島2回戦(札幌ドーム)に先発でプロ初登板。5回4安打1失点でプロ初白星を挙げた。2-1で勝った日本ハムは交流戦首位に立った。高卒新人で初登板で勝利するのは、松坂やダルビッシュらに続く快挙。昨夏の全国高校野球選手権で準優勝し、甲子園を沸かせたヒーローは、プロでもスターの系譜を歩む。

 甲子園のスターは、北の大地でも輝いた。平日のナイターでは異例の3万3563人が集まり、一球ごとにどよめきがこだました札幌ドーム。初登板で勝利をマークした吉田輝は初めてのお立ち台で、はにかんだ。

 「率直にうれしいです。自分だけの力では勝てない。すごい応援の声が聞こえて、力になりました」

 セ・リーグ3連覇中の広島に堂々の投球だ。一回、大きく振りかぶって投げた長野へのプロ第1球は、宣言していた通りの直球(140キロ)。その後1死満塁とされたが「初回のピンチはいつものこと」と動じず、西川をオール直球で3球三振。続く磯村にはこの日最速の147キロを記録し、最後は三ゴロに抑えて無失点で切り抜けた。

 1-0の二回に長野の適時二塁打で同点とされたが、三回以降は1安打のみ。プロ自己最多の84球を投げ、5回を4安打1失点に抑えた。2打席対戦し、四球と144キロの速球を打っての右飛に倒れた4番・鈴木は「きれいにきたり、“真っスラ”気味にきたり。イメージしづらかった。指にかかったときは、見たことのない真っすぐだった」と目を丸くした。

 プロで最長は5月8日のイースタン・リーグ、ロッテ戦の4回0/377球。五回を投げきったことがなかったが「どうせなら本番(1軍)でやりたい」と不安はなかった。

 体力は自信があった。加藤2軍投手コーチを「基礎体力が違う。過去の新人の中でもすば抜けている」と驚かせた。春季キャンプ後は「走らないと調子が上がらないので走っていいですか」と直訴。登板後の暗い中、球場を走ることもあった。夕食後は寮内のウエートルームへ。最近は2時間ほどバイクをこぎ続けるなど、暇さえあればトレーニングにあてた。

 強い体の土台ができたのは、軟式野球部に所属していた天王中2年の冬。きつい体力トレーニングの後も自宅の周りを走った。タイヤを引いてのランニングなどをこなし、ひと冬で足腰が見違えるほどたくましくなった。下半身の強さは、今でも切れのある直球を生み出すパワーの源だ。

【続きを読む】

  • 日本ハム先発の吉田輝星
  • 吉田輝星の初勝利を喜ぶレフトスタンドの日本ハムファン
  • 松坂は西武入団1年目の1999年4月7日の日本ハム戦に先発し勝ち星をつかんだ
  • ダルビッシュは日本ハム入りした2005年の6月15日、完封を目指した九回に2点を失って途中降板したが勝利投手に
  • プロ初先発の日本ハム・吉田輝=札幌ドーム(撮影・野口隆史)
  • 1回、ソロ本塁打を放つ日本ハム・大田=札幌ドーム(撮影・福島範和)
  • 1回、広島・西川を三振に仕留め合図を送る日本ハム・吉田輝=札幌ドーム(撮影・野口隆史)
  • 投球前、日本ハム・吉田輝=札幌ドーム(撮影・福島範和)
  • 途中交代となり、ベンチで汗を拭う日本ハム・清宮=札幌ドーム(撮影・福島範和)
  • 広島戦の9回に登板し、2セーブ目を挙げた日本ハム・石川直=札幌ドーム
  • 広島に勝利し、栗山監督(左)と写真撮影に臨む日本ハム・吉田輝=札幌ドーム(撮影・福島範和)
  • ヒーローインタビュー後球マスコットから祝福のキスを受ける日本ハム・吉田輝=札幌ドーム(撮影・野口隆史)