2019.6.12 08:00

【黒田正宏 軍師の断】阪神・メッセの緩急ピッチ、虎投に勇気与えた

【黒田正宏 軍師の断】

阪神・メッセの緩急ピッチ、虎投に勇気与えた

特集:
黒田正宏 軍師の断
投球する先発の阪神・メッセンジャー=ヤフオクドーム(撮影・村本聡)

投球する先発の阪神・メッセンジャー=ヤフオクドーム(撮影・村本聡)【拡大】

 (セ・パ交流戦、ソフトバンク2-2阪神=延長十二回規定により引き分け、1回戦、1分、11日、ヤフオクD)メッセンジャーが自分の投球をすれば、そう簡単には打たれないことを証明した試合だった。自分の投球とは、カーブをまじえての緩急だ。

 立ち上がりの一回、1死から今宮を歩かせて、嫌なムードが漂ったが、続くグラシアルの初球に思い切ってカーブでストライクを取った。捕手・梅野のリードでもあるが、これでグラシアルに迷いを生じさせた。結果は次のフォークを詰まらせて併殺打。その後、気分良く投げるきっかけとなった。

 最近、本来の投球からほど遠い内容だったメッセンジャー。原因は、ポイントとなるカーブでストライクが取れず、審判の判定にイライラして、自分で自分を追い込んでしまっていた。

 強力ソフトバンク打線に対して9回2失点。さすがではあるが、反省点もある。四回に福田に浴びた本塁打は、明らかに油断があった。カウント0-1とストライク先行だっただけに、慎重に投げて欲しかった。

 とはいえ、緩急で抑えた内容は、これから先発する青柳、高橋遥も大いに参考になる。阪神投手陣に勇気を与えた好投だった。 (サンケイスポーツ専属評論家)

試合結果へ