2019.6.12 05:04(1/2ページ)

死闘…阪神・矢野監督、タカと延長十二回ドローも「勝ちや、そう思うことにする」

死闘…阪神・矢野監督、タカと延長十二回ドローも「勝ちや、そう思うことにする」

よく、負けなかった-。矢野監督は引き分けの試合後、藤川(左)らをねぎらった(撮影・水島啓輔)

よく、負けなかった-。矢野監督は引き分けの試合後、藤川(左)らをねぎらった(撮影・水島啓輔)【拡大】

 (セ・パ交流戦、ソフトバンク2-2阪神=延長十二回規定により引き分け、1回戦、1分、11日、ヤフオクD)勝ちに等しい、死闘ドローだ。阪神は2年連続日本一のソフトバンクと延長十二回、2-2で引き分けた。無死三塁のサヨナラ負けの大ピンチを乗り越えた矢野燿大監督(50)は「結果、勝ちや、もう。これは」ときっぱり。敗れた首位広島とは2・5ゲーム差に接近。この1分けを、さらなる加速へのきっかけとする!

 絶叫ものの大ピンチを乗り越えた執念ドロー。もはや勝ったも同然!? 4時間42分の死闘を終えた矢野監督はベンチ裏に引き揚げると、興奮気味にまくし立てた。

 「結果、勝ちや、もう。これは。そう思うわ。そう思うことにする」

 延長十二回の攻撃で2死満塁の好機を逸し、勝ちがなくなった直後だった。守護神・ドリスを投入したが、先頭のグラシアルに遊撃内野安打を許すと、ここからドキドキが止まらない。

 バントの構えを見せる真砂を相手に、初球ボール。2球目の前に一塁へ投げたけん制球がそれて、ファウルゾーンを転々…。無死二塁となり、ドリスは両手で頭を抱えこんだ。さらに2ボールからの3球目、外角低めへの155キロ直球は梅野のミットに収まらず、暴投。自滅で無死三塁とサヨナラ負けを“お膳立て”する展開に、指揮官の頭にも負けがよぎった。

 「ノーアウトで三塁に行った時点でランナーを埋めるかとか、やっぱり考えたけど」

 満塁策をとるプランもあった。様々な思いが駆け巡った。しかし最後は腹をくくった。守護神に託した。すると、ここからドリスが激変。3ボールからヒッティングに切り替えた真砂を空振り三振に仕留めると、松田を遊ゴロ、明石を左飛に抑えてゲームセットだ。

【続きを読む】

  • 延長十二回無死三塁を切り抜け、阪神ベンチは笑顔
  • 11回、投球する阪神・能見=ヤフオクドーム(撮影・水島啓輔)
  • 11回、投球する阪神・小野=ヤフオクドーム(撮影・水島啓輔)
  • 投球する阪神・藤川=ヤフオクドーム(撮影・村本聡)
  • 9回、二盗を決める阪神・梅野=ヤフオクドーム(撮影・水島啓輔)
  • 4回、スクイズを決める阪神・北條=ヤフオクドーム(撮影・宮沢宗士郎)
  • 1回、二塁打を放つ阪神・糸井=ヤフオクドーム(撮影・村本聡)
  • 投球する阪神・ドリス=ヤフオクドーム(撮影・村本聡)
  • 12回、死球を受ける阪神・近本=ヤフオクドーム(撮影・村本聡)
  • 4回、本塁に生還した阪神・福留=ヤフオクドーム(撮影・水島啓輔)
  • 9回、ソフトバンク・今宮に適時打を浴びる阪神・メッセンジャー=ヤフオクドーム(撮影・宮沢宗士郎)
  • 4回、適時打を放つ阪神・高山=ヤフオクドーム(撮影・水島啓輔)