2019.6.12 05:03(1/3ページ)

MAX157キロ!阪神・藤浪、2軍調整3度目登板で5回0封

MAX157キロ!阪神・藤浪、2軍調整3度目登板で5回0封

特集:
藤浪晋太郎
テンポ良し、制球良し! 藤浪が2軍戦で快投を披露した(撮影・岩川晋也)

テンポ良し、制球良し! 藤浪が2軍戦で快投を披露した(撮影・岩川晋也)【拡大】

 (ウエスタンリーグ、オリックス0-4阪神、11日、オセアンBS)2軍調整中の阪神・藤浪晋太郎投手(25)が11日、ウエスタン・オリックス戦(オセアンBS)に先発。2軍3試合目の登板で5回1安打無失点、四死球ゼロ、8奪三振と圧巻の投球を披露した。最速157キロ。報告を受けた矢野燿大監督(50)は「先が見えるような段階になってきた」と評価した。完全復活へ、次戦は18日の同・広島戦(鳴尾浜)で7イニングほどの投球を目指す予定だ。

 復活へ確かな光-。藤浪がまた一歩、ステップを踏んだ。オリックス2軍を相手に5回をほぼ完全投球で無四球の59球。すっきりとした表情でマウンドを降りた。

 「(予定の)イニングを投げられたこともそうですし、バランスよく投げられたと思います。ボール先行している場面もありましたが、苦しい投球というか、そういうのもなかった。普通に投げられたかなと思います」

 圧巻だった。前回5月30日のオリックス戦(鳴尾浜)から、中11日で臨んだ3度目のマウンド。許した走者は右前打の宜保のみ(盗塁死)の1被安打。奪った三振は4者連続を含む「8」。3人がスタメンに名を連ねた右打者も、計5打席で無安打に封じた。

【続きを読む】

  • 先発の阪神・藤浪晋太郎の投球で157km/Hを表示する電光掲示板
  • 5回のマウンドへ向かう阪神・藤浪=オセアンバファローズスタジアム舞洲(撮影・岩川晋也)
  • 3回、マウンドへ向かう阪神・藤浪=オセアンバファローズスタジアム舞洲(撮影・岩川晋也)
  • 先発の阪神・藤浪=オセアンバファローズスタジアム舞洲(撮影・岩川晋也)
  • 4回、ベンチへ戻る阪神・藤浪=オセアンバファローズスタジアム舞洲(撮影・岩川晋也)
  • 5回終了時、ベンチ前でタッチを交わす阪神・藤浪=オセアンバファローズスタジアム舞洲(撮影・岩川晋也)
  • 阪神・藤浪の実戦登板成績