2019.6.12 05:01

阪神・矢野監督、大山に苦言「もったいない」

阪神・矢野監督、大山に苦言「もったいない」

延長十二回、三振に倒れた阪神・大山=ヤフオクドーム(撮影・水島啓輔)

延長十二回、三振に倒れた阪神・大山=ヤフオクドーム(撮影・水島啓輔)【拡大】

 (セ・パ交流戦、ソフトバンク2-2阪神=延長十二回規定により引き分け、1回戦、1分、11日、ヤフオクD)勝ちに等しい、死闘ドローだ。阪神は2年連続日本一のソフトバンクと延長十二回、2-2で引き分けた。

 矢野監督は4番の大山には苦言だ。延長十二回2死満塁の絶好機で空振り三振。前の糸井にストレートの四球を出した武田に対し、1、2球目と続けて直球を見逃し。最後は外角低めのボール球のスライダーに手を出した。矢野監督は「変化球を待ってるっていうのがアイツの中であったかは俺も確認はできてないし、分からんけど。やっぱり振らないと。コースはわからんけど振りにいってほしい。結果、もったいないなっていう終わり方になるんで」と話した。

試合結果へ