2019.6.12 05:00

【ダンカン】両チームともに5安打ずつって…生乾きの洗濯物みたいで気持ち悪い~

【ダンカン】

両チームともに5安打ずつって…生乾きの洗濯物みたいで気持ち悪い~

特集:
ダンカン 虎の通信簿

 (セ・パ交流戦、ソフトバンク2-2阪神=延長十二回規定により引き分け、1回戦、1分、11日、ヤフオクD)ジメジメ…なんだあ、この湿った梅雨のような4時間42分の試合は…。

 わが阪神は九回2死から追い付かれ、ソフトバンクは延長十二回無死三塁で勝利を99%手中に収めたと思ったら、後続が断たれて引き分け!!

 おまけに十二回まで戦って、両チームともに5安打ずつって、まるでこの時期に多い室内干しの生乾きの洗濯物みたいで気持ち悪い~!!

 正確にはホークスの本拠地・福岡は、まだ梅雨入りしていないけど、今季のホークスは柳田、中村晃、上林と強打者3人を欠いている“長い梅雨入り打線”。こーいうときに勝たないで、一体いつ勝つっちゅうねん?!

 近本も糸原も大山も、みんな疲れているのはわかる。だけど、プロ野球選手の真の力が試されるのは、梅雨時からなのだ! それは投手だって同じことである!!

 考え方を、これまでとは180度変えるべし! 自分がどうやったら気持ちよく野球ができるか、相手がどうやったら気持ち悪くなるか、これが梅雨時を乗り越える野球である!!

試合結果へ