2019.6.12 16:24

マエケン、大谷の本塁打は「少し裏をかこうとし過ぎた」 4回1/3を5失点

マエケン、大谷の本塁打は「少し裏をかこうとし過ぎた」 4回1/3を5失点

特集:
前田健太
エンゼルス戦の5回途中に降板し、ベンチでコーチと話すドジャース・前田(左)=アナハイム(共同)

エンゼルス戦の5回途中に降板し、ベンチでコーチと話すドジャース・前田(左)=アナハイム(共同)【拡大】

 エンゼルス5-3ドジャース(11日、アナハイム)ドジャースの前田は先発して4回1/3を投げ、2本塁打を含む3安打5失点、4三振3四球1死球で3敗目(7勝)を喫した。防御率は3・89。

 エンゼルスの大谷は「3番・指名打者」でフル出場し、4打数2安打1打点、1得点だった。内容は右越え本塁打(打点1)、空振り三振、見逃し三振、右前打で、打率は2割5分6厘。

 試合はエンゼルスが5-3で勝った。(共同)

前田の話「(大谷の本塁打は)少し裏をかこうとし過ぎた。あまり前回の対戦で投げていない球を選択してしまった。引きずったわけではないけど、その後また本塁打を打たれて、そっちの方が痛かった」

試合結果へ大谷の成績へ前田の成績へ

  • エンゼルス戦に先発したドジャース・前田=アナハイム(共同)
  • エンゼルス戦の1回、大谷に先制本塁打を浴びたドジャース・前田=アナハイム(共同)
  • エンゼルス戦に先発したドジャース・前田=アナハイム(共同)
  • エンゼルス戦の1回、大谷(左)に先制本塁打を浴びたドジャース・前田=アナハイム(共同)