2019.6.12 05:01

ソフトバンク・今宮、土壇場同点打も…延長好機で決めきれず

ソフトバンク・今宮、土壇場同点打も…延長好機で決めきれず

9回、適時打を放つソフトバンク・今宮=ヤフオクドーム(撮影・宮沢宗士郎)

9回、適時打を放つソフトバンク・今宮=ヤフオクドーム(撮影・宮沢宗士郎)【拡大】

 (セ・パ交流戦、ソフトバンク2-2阪神=延長十二回規定により引き分け、1回戦、1分、11日、ヤフオクD)1-2の九回に今宮が同点の適時打を放ったが、延長に入ってからは、毎回得点圏まで走者を進めながら決めきれなかった。延長十二回は無死三塁から真砂が三振、松田宣は前進守備の遊撃手へのゴロ、明石は左飛。それでも救援した6投手が踏ん張り、2連敗は阻止。工藤監督は「いいプレーもあったし、負けなかったということはプラスに考えている」と息をついた。

4試合ぶりに先発復帰。九回2死二塁から同点適時打のソフトバンク・今宮「詰まったが、いいところに落ちてくれた」

試合結果へ