2019.6.12 12:00(1/2ページ)

【G戦士の素顔(5)】育成3年目・山川、山あり谷ありの野球人生 軟式の高校時代、涙を流した大学2年秋

【G戦士の素顔(5)】

育成3年目・山川、山あり谷ありの野球人生 軟式の高校時代、涙を流した大学2年秋

特集:
G戦士の素顔
川崎市のジャイアンツ球場で汗を流す山川

川崎市のジャイアンツ球場で汗を流す山川【拡大】

 その笑顔がチームを明るくしている。育成3年目の右腕・山川和大(ともひろ)投手(24)は支配下登録を目指し、懸命に汗を流す。166センチ、74キロと小柄な体格だが、直球の最速は152キロ。その野球人生は山あり谷ありだ。

 2歳上の兄・雄大(たかひろ)さんの影響で、小学校2年の冬から「西山スターズ」で野球を始めた。有野北中でも軟式野球部に所属。高校は、「留学がしたくて、留学制度があったので」と兵庫・芦屋学園高に進む。

 同校には硬式野球部はなく、軟式野球部のみ。入学時にはクラブチームに入ることも考えていた山川が、ふとグラウンドを訪れると、衝撃の光景が広がっていたという。

 「初めて見たときに5人とかしかいなくて。『なんやこれ?』ってなったんですけど、『そこから人を集めて、強くなったら格好いいな』と思って。ちょうど『ROOKIES』がはやっていた時期で憧れましたよ」

 同級生に声をかけるなどして、春には10人以上がそろった。だが、決して恵まれた環境ではなく「ライトフライでも打とうもんなら、フェンスもそんなに高くないので、六麓荘っていう高級住宅街にいってしまう」とティー打撃や、ソフトボールやテニスボールを打っていたという。

 大学は芦屋大に進学し、同大が提携した独立リーグの兵庫ブルーサンダースに所属。チームでは投手だけでなく、二塁手としてもプレーしていた。だが、大学2年時の4月に、オリックス2軍との試合で九回に登板。146キロを計測したことから、投手に専念する。

【続きを読む】

  • 川崎市のジャイアンツ球場で汗を流す巨人・山川
  • 川崎市のジャイアンツ球場で汗を流す巨人・山川