2019.6.12 05:04(1/2ページ)

DeNA横高打線、涌井打ち!石川で同点、筒香つないで乙坂トドメ

DeNA横高打線、涌井打ち!石川で同点、筒香つないで乙坂トドメ

特集:
筒香嘉智
石川は同点となる適時二塁打を放ち、塁上でガッツポーズ。横浜高打線の“長男”が輝きを放った (撮影・戸加里真司)

石川は同点となる適時二塁打を放ち、塁上でガッツポーズ。横浜高打線の“長男”が輝きを放った (撮影・戸加里真司)【拡大】

 (セ・パ交流戦、ロッテ3-6DeNA、1回戦、DeNA1勝、11日、ゾゾマリン)DeNAは11日、ロッテ1回戦(ZOZOマリン)に6-3で勝ち、3連勝を飾った。横浜高OBの筒香嘉智外野手(27)、石川雄洋内野手(32)、乙坂智外野手(25)が今季初めて先発メンバーにそろい踏みし、3選手の活躍で相手先発の同校OB、涌井秀章投手(32)をKOした。チームは交流戦4勝3敗。3試合連続の逆転勝ちと、いよいよ勢いに乗り始めた。

 横浜高出身トリオが、元横浜高エースを粉砕した。石川、筒香、乙坂が今季初めてそろってスタメンに名を連ね、相手先発・涌井にプレッシャーをかけた。

 「甲子園で活躍するのを見ていた先輩ですから。でも、試合に入ればそんな感情は関係ありませんでした。試合に勝てたことが大きかった」

 2010年卒業の筒香がチームの勝利に胸を張った。05年卒業の先輩との勝負。1打席目は外角直球に見逃し三振を喫したが、四回にはその直球を捉えて右中間を破る二塁打を放った。

 さらに、横高トリオが輝いたのは逆転された直後の五回だ。1死一、二塁から涌井と同学年の石川が右翼線に同点二塁打を運び「打っちゃいましたね」とニヤリ。球場入りしてから、この日の先発出場を知ったベテランは「楽しみにしていました。久しぶりに対戦できてよかった。球は速いので振り負けない準備をしていました」と笑みを浮かべた。

【続きを読む】

  • 横浜時代の石川
  • 横浜時代の筒香
  • 横浜時代の乙坂
  • ロッテ-DeNAで横浜高OBが対決!
  • DeNA・交流戦初戦とのオーダーを比較
  • 2回先制のソロHRを放ち、ベンチの出迎えを受けるDeNA・ソト=ZOZOマリンスタジアム(撮影・戸加里真司)
  • 3回ソロHRを放ち、ベンチの出迎えを受けるDeNA・神里=ZOZOマリンスタジアム(撮影・戸加里真司)
  • 2回先制のソロ本塁打を放ちベンチの出迎えを受けるDeNA・ソト=ZOZOマリンスタジアム(撮影・戸加里真司)
  • 5回適時打を放ったDeNA・ロペス=ZOZOマリンスタジアム(撮影・戸加里真司)
  • 5回適時打を放つDeNA・乙坂=千葉・ZOZOマリンスタジアム(撮影・戸加里真司)
  • 5回勝越しの犠飛を放つDeNA・宮崎=千葉・ZOZOマリンスタジアム(撮影・戸加里真司)
  • 5回同点となる適時二塁打を放ったDeNA・石川=ZOZOマリンスタジアム(撮影・戸加里真司)