2019.6.11 05:03(2/2ページ)

創価大、“痛”快初戦突破!杉山晃基が7回1失点/全日本大学野球

創価大、“痛”快初戦突破!杉山晃基が7回1失点/全日本大学野球

力投する創価大・杉山晃基

力投する創価大・杉山晃基【拡大】

 183センチ、84キロの体で、春の東京新大学リーグでは、150キロ台の直球で押す投球で4勝、防御率0・69をマーク。ヤクルト・橿渕スカウトグループデスクは「本来は力で押す投球。そういう意味では、変化球中心という違った一面を見せた。将来的には、広島・大瀬良タイプかなとみてている」と評価。阪神・吉野スカウトは「変化球が多かったが、もっと真っすぐで攻めるのが持ち味だと思う」と話した。

 1年時に3学年上の田中正義(現ソフトバンク)、池田隆英(現楽天)の両右腕の投球を見てきた。さらに「最近は東浜さん(ソフトバンク)の足の上げ方とタイミングを参考にしている」と進化にどん欲な、令和最初のドラフト上位候補だ。 (赤堀宏幸)

杉山 晃基(すぎやま・こうき)

 1997(平成9)年6月25日生まれ、21歳。東京都葛飾区出身。梅田小1年から東京北砂リトルで野球を始め、立石中時代は墨田ポニー(硬式)所属。盛岡大付高(岩手)では甲子園出場なし。創価大では1年春からベンチ入り。2年秋、3年春に連続で最高殊勲選手、ベストナイン、最多勝利。東京新大学リーグ通算22勝1敗。183センチ、84キロ。右投げ左打ち。家族は両親、姉。

試合結果へ試合日程へ組み合わせへ

  • 一回、捕手の二塁送球を背中に受けた杉山。痛みを抱えながら7回を投げ抜いた(撮影・桐原正道)
  • 始球式を行った上田二朗氏
  • 全日本大学野球選手権に出場している今秋ドラフト注目選手