2019.6.10 05:00

巨人・菅野「ベストを尽くせた」25日ぶりに登板し6勝目!

巨人・菅野「ベストを尽くせた」25日ぶりに登板し6勝目!

特集:
菅野智之
プレイボール直前、マウンドで右腕を高く上げる巨人・菅野=東京ドーム(撮影・山田俊介)

プレイボール直前、マウンドで右腕を高く上げる巨人・菅野=東京ドーム(撮影・山田俊介)【拡大】

 腰の違和感で離脱していた巨人・菅野智之投手(29)が9日のロッテ最終戦(東京ドーム)で、自己ワーストの10失点を喫した5月15日の阪神戦(東京ドーム)以来、25日ぶりの1軍登板。先発して6回98球を投げて3安打2失点、7奪三振で、5月8日のDeNA戦(ハードオフ新潟)以来、約1カ月ぶりの6勝目を挙げた。

 「ちょっと時間がかかりましたけど、ホッとしています。自分だけの力じゃなくて、いろいろな人の思いとか、協力をもらってきょうの日を迎えられたので、本当に感謝しています」

 一回、2四死球などで2死満塁とされたが、6番・菅野を151キロの外角直球で空振り三振に抑えた。捕手は炭谷。初のコンビで、失点は五回に鈴木に浴びた2ランのみだった。

 「(炭谷)銀仁朗さんがピンチになってもうまく自分を引き出してくれたので、すごく感謝しています。初回ゼロで切り抜けられたのは、一つ自分の中で大きかった」

 試行錯誤した。二回以降は走者なしでもセットポジションで投球。プレートに置く軸足の位置も通常の三塁側でなく真ん中にし、「その時のベストを尽くすと。今年は改めてそういう風に決めています。戦う姿勢というか、ベストを尽くせた」と胸を張った。

 「いいと思うことはすべてやる」-。ファームでもベストを尽くしてきた。5月20日の投球練習中に異変を訴え、翌21日に出場選手登録を抹消された。発症直後は痛みが引かない日もあり、痛み止めの注射を打つなどの治療を受けた。「この時間を有効活用すればいい」と、腰と連動する胸郭(きょうかく)や股関節の可動域を広げるトレーニングも行い、復活だけでなくレベルアップを目指した。

 離脱中、1軍の試合は全試合確認。責任感が人一倍強く、宮本投手総合コーチと電話した際には、「本当にすみません」ともどかしい思いを謝罪の言葉で伝えたこともあった。

 「探り探りの部分があるというのは覚悟していました。その中でもチームの力になりたいという気持ちがあった」と菅野。チームは11-3で勝ち、3カード連続の勝ち越しでリーグ2位を死守。次は中6日で16日の日本ハム戦(札幌ドーム)に登板予定のエースの帰還は、V奪回への追い風だ。(赤尾裕希)

  • 6回2失点と好投した先発の巨人・菅野=東京ドーム(撮影・今野顕)