2019.6.9 08:00

【若松勉 芯打ち登場】G・坂本勇に本塁打王争いの期待、1球でタイミングを修正できる高い能力

【若松勉 芯打ち登場】

G・坂本勇に本塁打王争いの期待、1球でタイミングを修正できる高い能力

特集:
坂本勇人
5回 ソロ本塁打を放つ巨人・坂本勇=東京ドーム(撮影・福島範和)

5回 ソロ本塁打を放つ巨人・坂本勇=東京ドーム(撮影・福島範和)【拡大】

 (セ・パ交流戦、巨人5-6ロッテ、2回戦、1勝1敗、8日、東京D)巨人・坂本勇が五回に放った21号ソロに、好調さを感じた。今季は相手投手、カウントによってタイミングの取り方を変えている。1球前までタイミングが合っていないようにみえても、すぐに修正できているから高い打率を残し、本塁打もコンスタントに出ている。

 軸足(右足)に体重を乗せておいて、左足を上げるときもあれば、すり足で打つときもある。左足を上げる場合も1度のときと、投手の2段モーションのように2度のときがある。

 もともと、パンチ力がある打者。タイミングを取ってバットの芯に当てさえすれば、この日のように左中間への大きな打球が多くなり、大振りしなくても打球はスタンドへ届く。これまでシーズン31本塁打が最多の打者がタイトル争いのトップを走っていても、不思議ではない。

 巨人はまだ中継ぎと抑えに全幅の信頼が置けないだけに、今後も勝ち切るためには、坂本勇を筆頭とした打線にかかる比重が大きくなると思う。 (サンケイスポーツ専属評論家)

試合結果へ