2019.6.7 05:04(1/2ページ)

大谷、今季初2戦連発&絶叫同点押し出し!メジャー最多4打点

大谷、今季初2戦連発&絶叫同点押し出し!メジャー最多4打点

特集:
大谷翔平
八回に同点の押し出し四球を選び、叫ぶ大谷。勝利への熱い思いをほとばしらせた (共同)

八回に同点の押し出し四球を選び、叫ぶ大谷。勝利への熱い思いをほとばしらせた (共同)【拡大】

 エンゼルス10x-9アスレチックス(5日=日本時間6日、アナハイム)米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手(24)がアスレチックス戦に「3番・DH」で出場し、メジャー自己最多の1試合4打点を挙げた。今季初となる2試合連発の5号3ラン、八回には押し出し四球も選んで10-9のサヨナラ勝ちを演出。8日(同9日)のマリナーズ戦では岩手・花巻東高の先輩、菊池雄星投手(27)とのメジャー初対戦が実現する可能性も出てきた。

 叫んだ。目の前で2番・トラウトが申告敬遠で歩かされ、迎えた8-9の八回2死満塁の第5打席。フルカウントからの6球目、外角に外れたボールを見極めると、クールな大谷が珍しくバットをほうり投げ、感情を爆発させた。

 「うれしかったですね、素直に。『もらった四球』というよりは『取った四球』なので。個人的には本塁打よりもうれしかったです」

 一、二塁から走者を進めてまで前打者が敬遠された。「塁が埋まった状態で敬遠は初めて。新鮮な感じだった」。日本ではほぼないシチュエーション。それでも「燃えたというのはない」と集中力を高め、冷静にワンポイントで登板した左腕の球筋を見切った。

【続きを読む】

  • 四回には一時逆転となる5号3ランを放った(AP)
  • 一塁へ歩く際にはバットをほうり投げてガッツポーズ(共同)
  • アスレチックス戦の1回、空振り三振に倒れるエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)
  • アスレチックス戦の3回、右前打を放つエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)
  • アスレチックス戦の4回、中越えに5号逆転3ランを放つエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)
  • エンゼルス・大谷翔平の最近5試合のアットバット
  • エンゼルス・大谷翔平の今季ホームランカルテ
  • アスレチックス戦の4回、2試合連続の5号3ランを放ち一塁へ向かうエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)
  • アスレチックス戦の4回、逆転3ランを放ちベンチで迎えられるエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)
  • アスレチックスにサヨナラ勝ちし、喜ぶエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)
  • アスレチックスにサヨナラ勝ちし、喜ぶエンゼルス・大谷(右)=アナハイム(共同)
  • アスレチックスにサヨナラ勝ちし、喜ぶ大谷(左端)らエンゼルスナイン=アナハイム(ゲッティ=共同)