2019.6.6 19:05

阪神、マルテの2点打で先制 先制すれば20勝3敗2分けの高い勝率

阪神、マルテの2点打で先制 先制すれば20勝3敗2分けの高い勝率

1回、2点適時打を放った阪神・マルテ=ZOZOマリンスタジアム(撮影・水島啓輔)

1回、2点適時打を放った阪神・マルテ=ZOZOマリンスタジアム(撮影・水島啓輔)【拡大】

 ロッテ-阪神戦が6日、ZOZOマリンスタジアムで行われ阪神が一回に2点を先制。ジェフリー・マルテ内野手(27)が中前適時打を放った。

 「初回のチャンスで、チームにいいリズムを作る意味でも大切な打席だった。1本打って自分の仕事をすることができてよかったよ」

 一回1死、糸原が中前打で出塁。2死となり大山が右中間への二塁打で二、三塁とすると、マルテが2ストライクと追い込まれながらも3球目を中前に弾きかえした。これでロッテとの3連戦は全て先制に成功。先制すれば20勝3敗2分けの高い勝率を誇るだけに、大きな一打となった。

試合結果へ